月別アーカイブ: 2015年2月

お金さえあれば私立の学校に通わせたい

私は高校から私立の女子高に入りました。それまで、小中は地元の公立高でした。
その私立の女子高は中高一貫校で、半数以上が中学から入学し、少なめですが、

高校からも受け入れるといったシステムの学校でした。
入学してみて感じた事は、女子高にしたらかなりの進学校でしたが、本気で偏差値の高い大学を目指そうと思ったら、中学から入っていないとあまり意味が無いという事です。

そんな学校で出会った友達2人と、先日久しぶりにランチをしました。みんな同じぐらいの女の子を持つ母親になっています。
私は高校から入った部類ですが、その2人の友達は中学入学組みです。なので私から見ると、どっぷりその学校のカラーに染まっている感じがするのです。

そこで、まだ子供は小さいですが、自分たちの子供を公立にするか私立にするかの話題で盛り上がりました。
2人は勿論中学から私立派でした。女の子だし、公立には色々なタイプの子供がいるので、悪い環境に触れさせたくないというのが一番の理由のようでした。

確かに、私が通った高校はお金持ちの勉強オンリーの真面目な子ばかりでした。その一方で、公立の小学校、中学校には色んな家庭環境の子がいたので、躾がなっていない子や、乱暴な子もいました。

勉強も上を目指そうと思ったら、学校だけでは勿論駄目で、塾が絶対必要になりました。
そう考えると、私立は環境的にも学力的にも申し分無いのかもしれませんが、取り敢えずお金が凄くかかります。

高校はさらりとお金持ちの子ばかりでした。私の親は、あまり深く考えずに、偏差値だけで入学させたので、3年間は大変だったと思います。何とか学費は払えても、その他諸々全ての面で違いが感じられるのです。

高校生にもなればその違いがひしひし伝わってくるので、それはそれで惨めでした。
なので、自分の経験を基に、自分の子供は小学校から大学まで国公立1本で考えています。

それは経済的理由です。私だって主人が高給取りなら、私立の中学校に入れてあげたいです。
2人の友達のように「絶対私立だよね」と言いたいです。

でも、そう簡単にはいきません。もし私立の中学校に入れるようになれば、いくら借金をしないといけないか。。。
確実に生活費用などはローン(http://www.his2014.org/)で借りないとやりくりできないようになるでしょう。

さすがにそうゆう訳にもいきませんからね。。。